正しいステップ

努力が必要

肌がくすんでしまうことにより、化粧のりも悪くなりますし顔色も悪く見えます。しかし、ハリと透明感のある肌はみずみずしくて化粧のりもバツグンに良くなりますから女性にとって理想の肌状態と言えるでしょう。
この状態に導くには、やはり毎日の美白ケアを徹底することが必要です。とは言っても、最近は化粧品やスキンケアアイテムで美白成分を配合した商品がたくさんあり、それらを使うことで簡単に紫外線対策や美白ケアを行うことが可能です。
セルフケアにおける美白対策のポイントは、こまめに継続することです。例えば、美白ケアの基本である紫外線対策は、UV-AやUV-Bを防ぐ紫外線カットを行う方法として日焼け止めクリームや乳液などが利用されています。この日焼け止めクリームや乳液は、朝1回だけ使用すればいいのではなくこまめに使用して肌を守ることが必要です。
これは時間の経過によっては皮脂と汗が分泌される為、日焼け止めクリームや乳液の効果が低下するからです。徹底的なケアを行うには、常に肌に対して守りの姿勢を固めることが大切なのです。

アフターケアも必要

肌を守ることだけに意識を集中してしまいがちな美白ケアですが、100%紫外線の影響を受けずに過ごすことはできません。それだけ太陽の光は広範囲に渡って放たれますし強力な力を持っているからでしょう。徹底したガードをしていると思っていても、紫外線の影響は肌に蓄積される可能性は非常に高いです。
ここで大切なのが、紫外線を受けた後のアフターケアであり美白ケアの第2ステップとなります。紫外線で生成されたメラミン色素が肌の奥深くに根付くことで、シミやそばかすの原因となります。また、皮脂の分泌量と汚れが混ざることで毛穴が開きニキビができやすくなります。
この影響を受けないようにするには、紫外線で受けたダメージをしっかりケアさせることでありスキンケアアイテムが有効に働きます。特に美白ケアの代表と言えば、ビタミンCであり、ビタミンCをたっぷり肌に浸透させることでダメージを最小限に止めることができるでしょう。さらに、美容クリニックであれば肌へダイレクトにビタミンCなどを注入する方法があり、美白効果を高めて有効なアフターケアとして活用することが可能です。